デザインびいき

デザインびいき

デザイン思想・思考を軸に、ビジネス・プランニング・エンジニアリングへのダイブ

Media Ambition Tokyoと『テクノロジーとアートと東京の未来』についての雑感。

デザイン思想・思考を軸にビジネス・プランニング・エンジニアリングへのダイブを試みるブログ、デザインびいき。今日はMedia Ambition Tokyo 2017のトークセッション『テクノロジーとアートと東京の未来』についての雑感ともろもろ…。

セッション5「テクノロジーとアートと東京の未来」 | MEDIA AMBITION TOKYO

・ArtじゃなくてAmbitionなのがポイント

・Human Centered Designなのは人が買うからであって、秘書AIが買うようになったらMachine Centered Designになるのでは?

機械学習したデザイナAIが、買い物してくれる秘書AIに最適化したデザインを作る時代…

・どこまでが人間でどこから機械って分ける必要がそもそもあるの?

機械学習による思いもよらないデザイン提案が機械からあったら、それをもとに人間がもう1案デザイン作るようなのがいいんじゃないか?

・良くも悪くも単一民族国家では、ノンバーバル的ダイバーシティイノベーションがそもそも起きにくいんじゃないか?

・東京には秩序はないがリズムはある

・日本人はディテールやテクスチャがすき

機械学習する建築や街があってもいい

・VRとかMRには、人間の手は自由すぎるからある種の制約が必要かも

少子高齢化で生死が遠くなってる

・どうしたって日本人が作ると「和」とか「情緒」は出ちゃう、または外国人の目がそう感じたがる

・「美」-「生死」=「かわいい」

などが印象に残りました。

 

秘書AIはもはや、人のカタチをしている必要もないし、そもそも空間を移動する必要もなくて、地球上の公開されている会話データから、僕が必要だと想定される時間軸を超えた音声データを集めてくれるエンジンであればいいのかな?ひとつの会場に集ってトークセッションみたいな事自体いらなくなるのかな?スピーカーも秘書AIかもしれないしw…

 

スピーカーのみなさんの、豊富な知識と経験、頭の超高速回転、普段からシンキングしているからこその発言盛りだくさんで、ヒアリングだけで精一杯。90分で脳が疲れ果てましたw。刺激というよりも強烈なカルチャーショック状態でw、よくわからない高いオシャレラーメン食べて家路につきました…。まあここが出発点と思わないとね。

 

 

もう20年近く前かと思いますが「アートとデザインの違い」は盛んに言われていて、

・アートは物そのものが問題提起になるもの?心がざわつくもの?

・デザインは問題を解決するための物

みたいなことを教わったような気がしてますが、そこから時代は流れ

・デジタル化が進みアートとデザインの境界が曖昧になってきて

・ロングライフデザインのような、今で言うデザインエンジニアリングみたいな概念の台頭

・はたまたWebのような領域では、マルチデバイス対応とABテストの機械学習…で、デザインがそもそも解決しようとしてたことなどがどんどんシフトしている…

などなど、色々な場所でデザインが多様性を持ったり、逆に没個性化していってるような気がします。

(ジョンマエダだったか?ひとつのデザインを10億人が使う…みたいな、今までデザイナーが体験したこともない世界が来ている…みたいな話もありますしね)

 

 

初代iMacが登場してiTunesの画面をビジュアライザーにしたときに、周りのデザイナーはみんな「カッコイー」とか言ってたけども、僕は音楽の抑揚とかリズムを拾っているように見えなかったから、こんなの「っぽく」してるだけじゃん「機械まかせじゃないすか…」と思ってたけどもw、そこからも時代は動いていて、

 

ツイッターのコレ見た時に「あれ?なんだこれ…スゲえ…」って思ったり…

最近はTakramのこんなビジュアライゼーションを見せつけられてw、

テクノロジーをうまく使って、リアルな数字を素材に、なるべく盛らずになるべく圧縮せずに、視覚化・表現化できるようになってきて、あきらかに何かが変わってきている印象です。この技術革新というか情報革新はスゲえなと。(まあどこを切り取るか、伝えようとするかでまた伝わる情報をコントロールできちゃいはするかもだけど)。

 

それこそ20年前「SPやパッケージデザインがいくらよくたって、売り場で売れる売れないとは直接関係ないんだよ(CMとかブランドとかの影響大って意味で)」って飲みながら上司に言われて「じゃあなんでデザインやってんすか!」ってからんで以来(うざいw)、僕の中ではずっと、いつか、そうじゃない世界が来るとイイなあ…って思ってて、そういう時代にどんどんなって来ているってことなのかなあ…と(期待も込めて)。もはや作りっぱなし、あるいはこうしたらキレイで伝わりやすいでしょ?というデザイナの感覚的仮説だけじゃだめなんだよね…価値観も高速回転していってるのだから…。

 

 

話それちゃいましたがw、そもそも何かをデザインする時に、デザイナーは大概、画像検索やPinterestで参考になるデザインを探してインスピレーションをもらっているわけで、その検索結果の精度があがりまくると、機械学習したデザイナAIのデザイン提案なんだろうけど、それを心配するよりも僕らデザイナは個々のデザイン力をさらに高める…ということにフォーカスしなきゃいけないですよねえ。(まあデザインの提案相手がクライアントAIになったら負けるかw…)

っていうか、そもそも不器用な手先の僕がデザインでご飯食べれるって「MacAdobeという道具」のおかげで、昔のような職人デザイナー時代のままだったらなれるわけもなく…それが今、アプリを切り替えれば、デザイナーがエンジニアにもプランナーにもなれる時代に生きてるんだから、僕自身のクリエイティブ領域を職種横断的に広く深くしていく…ということでしか、デザイナAIとの差別化要素はないかもしれないなあ。(まあ、それこそ得意か…デザインエンジニアリングAIはw…)

 

刺激的だったなあ、Media Ambition Tokyo。

『標準の哲学〜スタンダードテクノロジーの三〇〇年』を読んでの雑感。

デザイン思想・思考を軸にビジネス・プランニング・エンジニアリングへのダイブを試みるブログ、デザインびいき。今日はエンジニアリングの歴史を体系的に把握できる本を読んだ話。

 

僕はデザイナーなので、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、ファッションデザイナーなど…、それぞれの違いはある程度わかるんだけど、それはもちろん、自分自身がデザイナーになったからわかることで、それまではさっぱりわかりませんでしたw。

同じようなことがエンジニアにも言えて「世の中色んな所にエンジニアいるけど、あれらはみんな、同じエンジニアのことなのだろうか…やってる事があまりにも違うようにみえる…」と常々思っていて(僕はWebアプリケーションエンジニア、Webインフラエンジニアとしか働いた経験がない)、一度体系的にエンジニアリングの事勉強しなきゃなあ…と思っていた矢先、この本に出会いました。

 

 

橋本毅彦著『標準の哲学』、とても面白かったので、斜め読みして印象的だった所についての雑感を以下に。

 

電球、電池、ホッチキスの芯、これらは買ったらすぐ使える…適当な長さに調節する必要はない…これが互換性があるってこと…。なんで互換性が必要なのかというと替えがきくから。道具の部品も互換性あれば、壊れた部品交換するだけで修理完了。互換性があるものを作るには、設計図を作る必要がある。互換性部品を加工する工作機械も作るし、当然、工作機械も互換性を持ち標準化されていく。そうすると職人の勘に頼ってた作業精度、時間も標準化される…

なるほど。現代の色んな当たり前ってそういう思想・思考で今に至っているのだなあと。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3e/Harpers_Ferry_gun_smith_shop_-_Blanchard_lathe_-_01.jpg

これはトマス・ブランチャードの銃を作る機械ですが、機械を作ることは、作り方を作ることでもあって…

ブランチャードの工作機械による銃身製造の14工程

銃床の材料となる材木を適当な長さに切る→◯◯(長いので省略)を整える→◯◯丸みをつける→◯◯溝を掘る→◯◯削る→◯◯削る→◯◯開ける→◯◯切る→◯◯削る→◯◯削る→◯◯整える→◯◯削る→◯◯削る→横と柄のピンの穴を開ける

この工程を見た時に「あぁ…Webアプリケーションエンジニアの、このデータを取得して、こうすると…こんなデータが抽出できる…」みたいな話と通ずるものがあるなあと。

Thomas Blanchard - Wikipedia

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2c/Slide_rule_for_turning_work.png

これは『テイラー計算尺』と呼ばれるものですが、これを作ったフレデリック・テイラーも面白くて、以下は、一定の強度や互換性のあるネジを作る条件を定義していて…

工作作業の分析には12のパラメーターがある。

切削される金属の材質、直径、深さ、クズの厚さ、金属と工具の硬度、刃先の形状、工具の材質、冷却水、時間、圧力、回転速度とフィード速度、押し引きの強さ

これなんか要件定義かなあとw。まあ当たり前といったらそうかもしれないけど、リアルだし、問題が起きる→原因を特定し対処…と繰り返した結果、これが出来上がっているんだろうな…と思うと、もう、僕が知ってるWebアプリエンジニアと動きが一緒だなあとw。

テイラーは、ウィリアム・セラーズという人がネジの形やサイズや強度を標準化してく過程で活躍していくんだけど、その後も製造は計画性を持って進められる…というような働き方の管理法(規範とかマネジメントなのかな?)も構築していく人で、現代の働き方の礎を作った人なのかなあ?と。

フレデリック・テイラー - Wikipedia

 

http://designobserver.com/media/images/39272-Frank_Gilbreth.jpg

フランク・ギルブレスとリリアン夫妻の動作研究も面白くて、夫婦は作業時間研究から、人の動作の研究にフォーカスしていく中で、レンガ積みの18工程を4と1/2に短縮できるという本を書きます(どういうw)。

レンガ積みの18のステップ

モルタルに近づく→手を伸ばす→こねる→レンガへ近づく→手を伸ばす→つかむ→モルタル運ぶ→レンガ運ぶ→モルタルつける→ぬる→余分トル→余分元に戻す→レンガ置く→余分モルタルトル→余分戻す→レンガ叩いて沈める→モルタルトル→余分戻す

という18工程は、4と1/2に短縮できる。そしてこの18ステップには3種類のやり方(初心者、ゆっくり、急ぎ)が存在していて、これまで3種類の技術が職人から職人に引き継がれてきたけど、それやめよう、4と1/2の1種類で良いよ…

これなんか時短というか、簡略化というか、やがては自動化になっていくのだろうけど、僕の知ってるWebアプリエンジニアと同じ思想・思考法だなと。

フランク・バンカー・ギルブレス・シニア - Wikipedia
 

彼ら彼女らは、文明が発展する過程で、現代の色々な仕組みの素になるような物や事をたくさん作ったことから、歴史の中ではエンジニアというよりも発明家とされているようです。後世から見たら、ジョブズやダイソンだってデザインエンジニアリング思想・思考で人の生き方に影響を与えた発明家と呼ばれることがあるのかもしれないなあ、などと。

 

デザイン思考も、エンジニア思考も、デザインエンジニア思考も行き着く先の目的や達成したい世界感は同じはずなので、自分自身がどの領域から物事を組み立てるのが得意なのか?ということと、当然他の領域にも造詣が深いほど良い、ということなのかなあと。

 

あんまり関係ないですけど、

イギリスが職人やノウハウを外部に持ち出すことを禁止しているうちにアメリカはフランスから学び独自のエンジニアリングを形成していった…

フランスは職人たちが新しい働き方などに抗議してラダイト運動した…

酒を飲みながら働いていた職人達に管理を持ち込み、工場長が職人たちに…

とかって、今のOSS思考だとか、UBERのフランスでのタクシー運転手デモとか、AIが人の仕事奪う云々…とかと全く一緒の話で、歴史は繰り返すのねw。

人の思想・思考や営み、物事の進み方・受け入れられ方というのは、良くも悪くもあまり変わらないのだろうから、大局の流れと行き着く先の方向性は把握しておきたいなあと改めて思いました。

 

ちなみに『標準の哲学』は絶版のようだったので図書館で借りましたが、『「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》』となって売られてるようです。(Kindle有るじゃんかーw)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YniZHDt8L._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

Developers Summit 2017(通称デブサミ)についての雑感。 #devsumi

デザイン思想・思考を軸にビジネス・プランニング・エンジニアリングへのダイブを試みるブログ、デザインびいき。今日はDevelopers Summit 2017(通称デブサミ)についての雑感。

 

Developers Summit 2017 エンジニアとして生きる、技術の先にある現実に踏み出す

そもそもデブサミなのに、デザイナが楽しめるの?というと、結果とても楽しめましたw。サービス開発にたずさわっている人なら誰でもきっと面白いと思います。

 

デブサミは5会場同時にセッションが1時間位ずつ常時行われていて、興味のあるセッションを選ぶ形になっています。ボクが選んだのは…

10:00~ 確実に良くするUX/UI設計
11:05~ Yahoo!ブラウザーアプリのプロダクトマネージャーが考えていること
13:05~ VR・ロボット・通信技術を活用したテレイグジスタンスへの挑戦
15:15~ 行列ができるECサイトの悩み~ショッピングや決済の技術的問題と処方箋
16:20~ ヤフオク!の快適なカスタマー体験を支えるモバイルアプリのライブアップデート技術
17:25~ ザ・黒帯 ~ Yahoo! JAPANのエンジニアの働き方とキャリアを語る


【16-B-1】 確実に良くするUX/UI設計

深津 貴之 (@fladdict) | Twitter

デブサミで聞いたセッションの中では最もデザインよりなセッション。まあ面白かったです。デザインの見える化というか言語化というか、たとえの巧みさであるとか、今特にウェブ業界のデザインを牽引している人だと思いますが、すごくわかりやすく、簡単・シンプルであり、潔いなと。デザイン翻訳者だなあ。

セッション後に少し話をさせてもらえたのですが、

・デザインで成功体験のない人たちとの関係性構築がとても大変だと思いますが

・例えば、既存ページの数値にすがる状況、そのコンテンツがいいのではなく、ボタンの順番がたまたま…みたいな状況があるとして

・どういうこと、話をしてますか?

と尋ねてみたのですが…

 

・なるべく偉い人と話すよう環境を整える

・本質とはずれるが、まずはホームランを何本かかっとばし、その上で

・ホームラン打った人がテストしたいっていってるけど…

みたいな事をしていると。2番目のホームランは大事なようで、セッションの中でも本来の着手順とは若干異なるとしても…みたいな話はしていました。

その他にも、デザイナも数字見れなきゃダメだよね…とか話をしてたのですが、まあこんなデザインセンスの固まりのような人が地道にやってるんだから、ボクのようなもんが怠っちゃダメだよなあw…と思ったりしました。面白くて参りましたね。

あ、後セッションで面白いと思ったのが、実装(コーディング)を先にある程度進めて、デザインは最後にする、と。理由はデザインは時間がかかるから…と。ほんとに最短距離でゴールに進むことを突き詰めてるというか、PDCA最適化というか、スゲえなw。

デブサミ「確実に良くするUI/UX設計」 #devsumi - Togetterまとめ

 

【16-A-2】 Yahoo!ブラウザーアプリのプロダクトマネージャーが考えていること

最近のボクのテーマでもある「勘に頼らない」という話は、そうだよなあと改めて思わされましたw。

 

お昼をはさんで(昼もいろんなセッションありますw)

 

【16-D-3】 VR・ロボット・通信技術を活用したテレイグジスタンスへの挑戦

Sho Nakanose (中ノ瀬 翔) (@sho0315) | Twitter

全然門外漢でしたが映像が多くて、瞬間移動できちゃう体験とかスゲエなと。中ノ瀬さんがとても楽しそうに話すのが和やかで良くて、ああこういう人に、人もお金も集まるよなw…などと。

 

映像冒頭の部屋の一番奥にあるロボットに、お面(VR端末)かぶった途端に乗り移れるというデモなんですが、スゴいよねw。

セッションの中で面白かったというか「ああ、コレがリアルなモノづくりの人の話だなあ」と思ったのが、

・膨大な情報の中で、普通、ひとが認識できないレベルの情報もたくさんあって、そういうのは処理するのやめた

・それよりもデータ転送のスピード重視、とにかくリアルタイム性

・どうやら、人がロボットとシンクロしきるには、触覚がすごく大事で、手触り感を突き詰めてる

などなど。

 

【16-A-5】 行列ができるECサイトの悩み~ショッピングや決済の技術的問題と処方箋

いい買い物の日のピーク時の負荷分散についての取り組みが面白かった。

・いい買い物の日1回目、駆け込み注文でヤフーウォレットダウン

・買い物を完了できない人多数

・いい買い物の日2回目に向けて、サーバー増強?どう負荷分散すれば?

・いい買い物の日企画元でもあるアリババで受けたアドバイスは…

・負荷分散なんていらない、買い物体験大事にしろ

・発想転換

・通常時「注文→決済→注文完了」だが、アクセス集中時のみ「注文→注文完了→決済」に

・買い物を完了できない人は、すごく減る

この発想転換スゲいなと。

 

その他にも

・偽装セール価格表示(セール時のみ通常価格の釣り上げ)防止に、過去8週間分の通常価格履歴取得し照合。釣り上げの場合、セール価格表示はできないような仕様にする

・新規ユーザーの購入未達対策に、同じ検索ワードのユーザーの購入履歴を応用しリコメンド

などなど、王者ヤフーたる所以がたくさんあり、とてもお勉強になりました。

 

 

 

【16-A-6】 ヤフオク!の快適なカスタマー体験を支えるモバイルアプリのライブアップデート技術

これまた門外漢なのでアレですが、申請が必要だったりするアプリ界隈でも、不具合などの修正には申請を回避できる策あるよ、って話でへええ、って。

iOSアプリの不具合を申請なしで修正しよう - Yahoo! JAPAN Tech Blog

コレですかねえ?

 

【16-A-7】 ザ・黒帯 ~ Yahoo! JAPANのエンジニアの働き方とキャリアを語る

ヤフーにはスペシャリスト的な役職?のような黒帯といわれるポジションがあって、エンジニア・デザイナの2%位黒帯がいると。黒帯4人のディスカッション、みんな個性的で面白かったw。

 

 

 

この日はもう、なんだか、学びが多すぎて脳が追いつかなくて…夜は悪酔いしましたよw。

【デブサミ2017】1日目A会場 Yahoo! JAPAN Tech Conference 2017 #devsumiA - Togetterまとめ

 

 

 

まあ、もうエンジニアとかデザイナとかくくってる場合じゃなくて、サービス開発者としてお互いの領域を行き来しながら仕事をしていかなきゃいけないのだなあと。

Cookpad TechConf 2017についての雑感。 #CookpadTechConf

デザイン思想・思考を軸にビジネス・プランニング・エンジニアリングへのダイブを試みるブログ、デザインびいき。今日はCookpad TechConf 2017についての雑感。面白かったなあ。

 

どう面白かったかというと、

・どのプレゼンもリアルな現場の問題点と、それをどう解決したのか、そうすることで、どうユーザーによい取組み・改善になっているのか?が述べられている

・ほとんどがエンジニアだというのにw、やさしい言葉で、しっかりモノが伝えられる

・しかもどのエンジニアにもユーザー本意のマインドがいつも根底にある

という感じ。今働いている人はもちろん、先代の人たち含めて、企業文化と言うかマインドをとても大事にしてきたことがひしひしと伝わってきました。もちろん採用もすごく大事にしてるからなせる技だと思いますが、組織力というか人間力が凄まじいなと感じました。

 

+ Cookpad Under a Microscope // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122190708p:plain

やっぱこの仕組みを大切にして最適化し続けていること(ユーザーがすごく簡単にしたいことができる)がスゴい。サイト改善としてやらなきゃいけないことはわかっていてもビジネス的についつい後手後手になりがち。

 

+ Go Global - #CookpadTechconf 2017 // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122192541p:plain

グローバル展開の現場でどんな問題が出てくるのか?経験しないと見えてこないこと盛りだくさんで楽しくて面白かった。特にこのスライドのブロッコリーのクリームスープだけなぜか2単語になる…ってのが笑ったw。

f:id:yokoyama_y:20170122193218p:plain

コレは全く同じに見えるんですけど、文字コードが違う…ってのも笑ったw。

 

+ Building infrastructure for our global service // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122193705p:plain

ラマダンが来るとトラフィックが3倍になるってのが面白かった。(ラマダンって1日1食になるのでみんなレシピ検索超するらしいw)。それと、専門外なのでよくわからないのだけど、会場でフリーwifiに300人位がつないでいるのがちゃんと安定してるのスゴいってみんなが言ってた。 #cookpadtechconf hashtag on Twitter

 

+ Hiroaki WAKATSUKI - Cookpad TechConf 2017 // Speaker Deck

 

+ モバイルアプリのABテスト / CookpadTechConf2017 // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122194656p:plain

アプリABの経験はないので、アプリならではの制約に(審査あるし頻繁にリリースできないとか誰もがアプデしてくれる訳ではない)なるほどお!と。webである程度テストしてからアプリに反映させるという経験則もなるほど。

 

+ チームでプロダクト開発するための取り組み/cookpadtechconf2017 // Speaker Deck

マネジメントのいいお話でしたが、そもそものポテンシャルが…と思っていたら、補足ブログあがってました。納得ですw

「チームでプロダクト開発するための取り組み」の補足 - maru source

 

+ より良い検索体験のための情報設計とプロトタイピング / cookpad_tech_conf2017_sudo // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122204257p:plain

デザイナーの人だったこともあり、また先月同じようなことを散々鉛筆書きしていたこともありw、

f:id:yokoyama_y:20170123100516j:plain

ふむふむとか「わかるわ〜」とか、とても参考になるプレゼンでした。レイアウトやくくりデザインの試行錯誤なんかも面白かったなあ。プレゼン後質問したかったけど時間オーバーでしたw…。

 

 

 

+ 組織全体でGitHubを使うようになるまで / Everyone Can Use GitHub Issues // Speaker Deck

 

+ 快適なサービス開発を支える技術/Cookpad TechConf 2017 // Speaker Deck

 

+ Real World Machine Learning // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122205509p:plain

画像解析を機械学習させるという技術を導入して3ヵ月後には、それを使ったコンテンツをリリースしちゃうアジャイルっぷりがスゴいなあ。なんだか興奮しちゃってwやたら反応しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

+ 行動ログでプロダクトを改善するには/exploit user behavior for product // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122210600p:plain

これまた先程のチャラ画でよく考えていた領域のことなので、とても参考になりました。よく考えられているし、こんな「&検索」でも最適な検索結果を返せるDBふまえて、cookpadスバラシイなとw。

 

 

+ Cookpad awakens // Speaker Deck

 

+ Spot Instances in Cookpad #CookpadTechConf 2017 // Speaker Deck

f:id:yokoyama_y:20170122211257p:plain

スポットインスタンス、スゲえw。

 

夜の部も写真だけ撮ってきましたw。

 

 

 

 

 

f:id:yokoyama_y:20170122213955p:plain

総じてcookpadはこの世の中を便利にしようと本気で思っていて、それはもはや使命だとすら思っているのが伝わってきて、ちょっとしびれました。(rubyだってossなんだからプラグイン作って自分たちもシェアしちゃうとか)これだけ質の高い団体は強いなあ。

 

 

そして、カンファレンスに参加しながら、この『フォートラベルデザインブログ』をなんで始めたかというと、 クックパッド開発者ブログ が大好きで羨ましかったからだったことを思い出しましたw。

 

発表資料と動画はココにまとまってます。とてもお勉強になりました。ありがとうございました。

techconf.cookpad.com

 

こちらも勉強になります。

togetter.com